白髪染めシャンプーの特徴と使い方まとめ

白髪を染める方法は色々あって、年々その人気は変わっているような気がします。昔は、白髪を染めることを重視…といいますか、それしか選択肢がなかったような気がします。

しかし、最近は髪に優しい白髪染めが人気を博しているような気がします。多少の手間はかかってもいいけど、極力髪の毛を自然な感じで染めたい。刺激のある白髪染めやパーマ・ヘアダイなどが髪の毛・頭皮に悪影響があることがハッキリしているので、そっちの方向へと流れてきているのでしょうか。

そんなわけで、現在の状況はヘアカラートリートメントが人気を博しているわけですが、その中にあって珍しい白髪染めの方法も増えてきています。その代表の一つが白髪染めシャンプーではないかと。

白髪染めシャンプーってどんな白髪染め?

白髪染めシャンプーとは、その名の通りシャンプーをすることで白髪を染めてくれるアイテム。一般的に、シャンプーの液体は透明だったり乳白色だったりするわけですが、白髪染めシャンプーの場合は黒だったりブラウン系の色をしています。

つまり、染めたい色をしている…ということですね。泡立てると、黒っぽさはいくらか緩和されますが、それでも普通のシャンプーに比べると少し濁ったような泡のイメージです。

それを普通にシャンプーとして使うことによって、少しずつ白髪を染めてくれます。

白髪染めシャンプーの染まり具合はどんな感じ?

白髪を染めるタイミングは人によって異なりますが、平均すると月に一度がイイところではないかと思います。対して、白髪染めシャンプーの場合、基本的にはシャンプーと同じように使うわけですから、毎日使うことが前提になります。

白髪染めを毎日する…ということになるので、髪が傷むのではないかと心配になるのが普通。しかし、刺激があるわけでもなく、あくまでシャンプーをしつつ白髪を染めるものなので心配する必要はありません。

ただし、一回の使用でどのくらい染まるのかという点については、あまり期待すべきではありません。最初の3回くらいまでは全く染まっていないという印象を持ってしまう可能性も…。そのくらい染める力が弱いのが白髪染めシャンプーなのです。

白髪染めシャンプーのメリット・デメリット

染める力が弱いのならば、使えない白髪染めではないか…。こんな印象を持ってしまうかもしれません。しかし、これには向き不向きがあります。一回でバッチリ染めたいという人にとっては物足りないアイテムに感じてしまうかも。

また、色数はそれほど多くないので、おしゃれという意味では選択肢が少ないのも事実です。

反対に、染めたことを周囲に余り気づかれたくなかったり、自然な仕上がりを好む人にとっては、選択肢として有力候補に上がるのではないかと思います。シャンプーをする…という行動で白髪まで染めることができるので、手間も省けます。

■ 白髪染めシャンプーに向いている人
・少しずつ染めたい
・周囲に気づかれたくない
・髪のダメージを少なくしたい
・手間をなくしたい

■ 白髪染めシャンプーに向いていない人
・一度でバッチリ染めたい
・染め残しは絶対にいや
・好きな色を楽しみたい(髪を明るくしたい)

まずは使ってみるという選択肢

白髪染めシャンプーを使うとどうなるのか…試しに使ってみるのが一番。それができるというのも、実は白髪染めシャンプーの特徴と言えるのです。

よく染まる白髪染めであれば、色の選択を間違うとやり直しがききません。一方で、白髪染めシャンプーの場合、一度でほとんど変化がわからないくらいの染まりなので、いくらでもやり直しがききます。

白髪染めシャンプーの選び方|2つのポイント

具体的に白髪染めシャンプーを使ってみようと思った場合、注意するポイントは2つです。

①色
②髪・頭皮へのダメージ

① 色数
色については、前述したようにそれほど数が多くありません。ただ、その中でも最低限の色数を揃えているブランドがあるので、より多くの色から選びたい場合には、注意する必要があります。

② 髪・頭皮へのダメージ
基本的には普通のシャンプーと使い方が変わりません。つまり、従来の白髪染めのように、髪の毛だけにつけるのではなく、頭皮にもベッタリと付着することになります。白髪染めに比べると刺激は弱いですが、毎日使うことを考えると配合成分はチェックしておきたいところです。

一般的なシャンプーでも、パラベンやシリコンなど、色々と問題視されている成分はあります(実際に問題かどうかは別にして…)。それだけ注目されているシャンプーの成分。白髪染めシャンプーを使うときも同様にチェックしておきたいところですね。

色数と成分の両方を兼ね備えたシャンプー

上記の2つのポイントをクリアしているのが、利尻のカラーシャンプーです。色は4色(白髪染めシャンプーにしては多い方です)。また、添加物を使用していない質にもこだわったシャンプーと言えます。

コメントを残す

このページの先頭へ